【実験】『無香料(一部無香性)』のニオイを検証する

投稿:2012/09/29更新:2015/07/08カテゴリ:実験室
【実験】『無香料(一部無香性)』のニオイを検証する

前回の記事で『無香料』は『無臭』でないと言い切ったくせに、後出しで実験をしてしまいました。
デオドラントスプレーに空気洗浄機が反応したとき、好奇心がむくむく膨らんだのです。

スポンサーリンク

実験の目的

無香料のデオドラントグッズにニオイがあるかを自分の鼻以外を頼りに検証する。

実験の方法

自分の鼻だけでは根拠としては弱い。ニオイ測定器(ニオイセンサー)はウン十万するのでパス。なので、ここは空気洗浄機に頑張ってもらいます。

具体的にはどう実験するの?

  1. 空気洗浄機に向かってデオドラントスプレーを吹きかける。
    // スプレーのガスに反応しないよう、フィルターに直接当たらないようにする。
  2. ニオイメーターを数値として記録する。
    // メーターで示される緑・黄・赤に、それぞれ1、2、3の数値を付ける。
    この項目、結果的に無意味でしたけど一応。
  3. ニオイが消えるまでの時間を記録する。
    // メーターが反応した直後から、正常(無臭)状態に戻った瞬間まで。
  4. 以上のステップを、数値が安定するまで繰り返し、最終データを実験結果とする。

ちなみに以下が空気洗浄機のニオイメーター表示部分です。

におい1(無臭)@ニオイメーター
// 1(緑)。臭いをキャッチできていない状態。

におい3@ニオイメーター
// 3(赤)。メータがはっきり臭いをキャッチした状態。

ニオイメーターの反応後、時間の経過により空気が洗浄され、初期状態(緑)に戻ります。

実験で使ったデオドラントグッズ

方法の都合上、スプレータイプとミストタイプのみです。あと、個人的な使用感も一応参考に。

利用したデオドラントグッズたち // 8×4、Ban、AG+、自作、8×4(せっけん)は撮り忘れ

8×4 パウダースプレー 無香料
粉っぽいニオイがする。吸い込むとたまにむせる。
Ban デオドラントパウダースプレー 無香性
無香料でなく無香。成分にはしっかり『香料』の文字が。鼻で1番はっきりニオイ(香り)がわかる。
AG+パウダースプレー 無香料
パウダーらしさはあまりない? ニオイも弱いか。
自作メントールスプレー
番外編。水、L-メントール(メントールクリスタル)、エタノールのみを混ぜた自作のスースースプレーです。
前回の記事でメントールとエタノールはニオイがあると書いたのでその証明として。
本当は作り方を先に書きたかったです。計画性はない。
8×4 パウダースプレー せっけん
香料入り。上記の無香料グッズとの比較のため

実験結果

結果一覧表

グッズ名ニオイメーター消臭所要時間
8×4 パウダースプレー 無香料3/ニオイあり5:25
Ban デオドラントパウダースプレー 無香性3/ニオイあり3:39
AG+パウダースプレー 無香料3/ニオイあり5:09
自作メントールスプレー3/ニオイあり4:07
8×4 パウダースプレー せっけん3/ニオイあり10:52

主観で気になったことをメモ

まさか全部ニオイメーター3になるとは思いませんでした。実験前はメーターの差で比較しようとしていたのに、ふたを開けたらすべて同じ結果です。慌てて記録に『時間』を加えましたが、どちらもあくまで目安として考えてもらって、とりあえず『ニオイ』があることは確かなんだくらいに受け取ってもらえればと思います。

意外だったのは、ニオイがきついと感じたBanのニオイがもっとも短い時間で消えたことです。今回のスプレーで唯一、使い終わりに差し掛かっていたので、その影響もあるかもしれません。

無香料と香料入りの差ははっきりでました。無香料のスプレー3つは消臭までの時間に大した差がありませんですが、『せっけん』の香りが消えるまでは、無香料のほぼ2倍の時間を要しています。それを考えると、やはり無香料を選ぶのがベターと言えるでしょう。

メントールスプレーの結果については、前回(エタノールとメントールは無臭じゃない)の証明にはなったかなーと感じます。
水道水とエタノールとメントールの結晶。これだけで作られたスプレーでも、はっきりしたニオイがあるということです。

総評

以上を踏まえて、以下を実験の総評とします。

無香料のスプレーにもニオイがある。でも、香料入りよりはだいぶ少ない。

本当は他の香料入りも試すべきなんだろうけど、パス。

個人的な雑談

実験で使った空気洗浄機には、ニオイセンサーのほかにホコリセンサーがついています。その名の通り、ホコリを感知して除去するもので、たとえば線香立ての掃除をしたとき舞い上がった灰に反応したりします。

実験中、ついでにホコリセンサーも眺めていたら、物の見事にみな最大値3まで反応していました。唯一、反応しなかったのは自作のメントールスプレーだけです。他はすべてパウダースプレーなので、パウダー成分に反応したと考えるのが妥当でしょう。

デオドラントスプレーを使ってむせたことがある人は少なくないと思います。この結果を踏まえると納得できる現象です。パウダーは特長の一つなので仕方がないのですが、やはり人前では気を付けて利用したいものです。

▲PageTop