佐藤製薬 テノール液は脇汗を抑えるのか運動して実験する

投稿:2018/04/17カテゴリ:汗かき改善実験
佐藤製薬 テノール液は脇汗を抑えるのか運動して実験する

テレビでコマーシャルもしていない地味な存在であるにも関わらず、大抵のドラッグストアに置かれていてポップでアピールされていたりする。そんな、今回実験した佐藤製薬のテノール液は、ワキ汗で悩む人なら一度は見たことがあるデオドラントグッズではないでしょうか。手に入りやすいからこそ、ワキ汗を抑えてくれるのなら力強い味方になってくれるはずです。

スポンサーリンク

実験方法

テノール液の見た目

ラインナップは香料入りのみ。

テノール液公式サイトのサムネイル

テノール液

製品検索 | 薬と健康を見つめる製薬会社 佐藤製薬株式会社

右ワキにはテノール液を塗り、左ワキには何も塗らない状態で適度な運動(踏み台昇降30分以上)を行い、終了後に左右のワキ汗をTシャツの汗染みで比較します。塗ったタイミングは準備体操前(=運動直前)です。

Tシャツは前面(お腹側)から撮影しています。汗染みをわかりやすくするために画像加工し、脇以外の汗はできるだけ見えないように隠しました。色の濃くなっている部分が汗染みです。

なお、普段の汗の量は『右ワキ>左ワキ』です。それを踏まえて結果をご覧ください。

実験結果

汗かき比較画像

1回目の実験

テノール液での脇汗実験0329

2回目の実験

テノール液での脇汗実験0409

3回目の実験

テノール液での脇汗実験0416

主観で気になったことをメモ

テノール液を塗った右ワキは、汗対策をしていない左ワキに比べて、わずかではありますが汗を抑えることができました。しかし、以前にレビューした8×4 ワキ汗EX クリームカプセルと同じく、抑えられる汗の限界量があり、テノール液だけでワキ汗を対策するのは難しいようです。

塗布時により効果にばらつきがあるのか、ほぼ左右の汗の差に違いが見られないこともありました。上記3回以外にも何度か実験はしていますが、体感では効く日と効かない日が半々かなあと感じました。汗が少なくても効かない日があり、どうすれば高い効果をあげられるかはわからずじまいでした。

総評

以上を踏まえて、以下を今回の総評とします。

佐藤製薬 テノール液は少しだけワキ汗を抑えてくれます。
ですが、効果にばらつきがある上、これだけでワキ汗対策をするのは難しそうです。

個人的な雑談

ネット上におけるテノール液の評価は、『オドレミンよりは弱いけど制汗効果はある』というものが多いようでした。あらためてみてみると実験結果とは矛盾がないようにみえます。

8×4 ワキ汗EX クリームカプセルも同じような実験結果でしたが、両者はどちらも一長一短です。テノール液は1回の使用量が少なくコスパがいいですが、(かなり好き嫌いがわかれそうな)香料が入っています。8×4 ワキ汗EX クリームカプセルは、無香料ですがコスパがかなり悪いです。どうせなら、2つのいいとこ取りをしたグッズが出てきてくれればいいなあと願っています。