レセナ ドライシールド パウダースティックは本当に脇汗を抑えるのか実験する

投稿:2018/01/16カテゴリ:汗かき改善実験
レセナ ドライシールド パウダースティックは本当に脇汗を抑えるのか実験する

あまり目立たないようでいて、ドラッグストアにはたいてい並んでいるレセナドライシールドパウダースティック。公式ホームページでは”汗ジミもニオイも気にならない”と断言していますが、わき汗には効果はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

実験方法

レセナドライシールドパウダースティックの見た目

無香性のレセナドライシールドパウダースティックを使いました。

右ワキにはレセナ ドライシールド パウダースティックを塗り、左ワキには何も塗らない状態で適度な運動(踏み台昇降30分)を行い、終了後に左右のワキ汗をTシャツの汗染みで比較します。塗ったタイミングは準備体操前(=運動直前)です。

Tシャツは前面(お腹側)から撮影しています。汗染みをわかりやすくするために画像加工し、脇以外の汗はできるだけ見えないように隠しました。色の濃くなっている部分が汗染みです。

なお、普段の汗の量は『右ワキ>左ワキ』です。それを踏まえて結果をご覧ください。

実験結果

汗かき比較画像

1回目の実験

レセナドライシールドパウダースティックでの脇汗実験0104

2回目の実験

レセナドライシールドパウダースティックでの脇汗実験0109

主観で気になったことをメモ

1回目、2回目と、レセナドライシールドパウダースティックを塗った右ワキと、何もしていない左ワキでは、さほど汗の量に違いはありませんでした。

スティックタイプには珍しいパウダー入りなので期待していたのですが、運動し始めてすぐに脇汗の冷たさを感じたので、残念ながら制汗効果はほぼないと判断します。

以前、レセナドライシールド パウダースプレーで実験をしたときも汗は抑えてくれなかったため、レセナシリーズ自体が汗を抑えるのが苦手なのかもしれません。
【実験】制汗スプレーは本当に汗を抑えるか~レセナ ドライシールド パウダースプレー~

そのわりにパッケージ裏では”汗に強い。”と断言していたりするのですが・・・

ひょっとしたら、レセナが想定している汗の量は、汗かきが思っているよりずっと少ないのかも。

総評

結果を踏まえて、以下を今回の総評とします。

レセナドライシールドパウダースティックは、パウダー入りですがほとんど汗を抑えません。

右と左のどちらにスティックを塗ったかわからなくなるくらいには効果がわかりませんでした。

個人的な雑談

冬に運動をすると、寒くて全体の汗が減る代わりに、脇などの局所的な個所の汗が目立つようになります。だからこそ、レセナドライシールドパウダースティックには期待をしていたのですが、いい報告ができず、少しがっかりしてしまいました。

ひょっとしたら精神性発汗(緊張などで発生する汗)に対してなら効果があるのかと思い、日常的にも利用していたのですが、やはり脇汗の差に違いはありません。アマゾンなどレビューを見ていると、効果がある人もいるようなので、よっぽど体質に合っていなかったのか・・・

何はともあれ、次回のレビューは辛口な内容になってしまいそうです。